×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HPトップ>初めての方へ

初めての方へ
 はじめまして。当ホームページの管理人のもったくんと言います。
 今回は、星の数ほどある様々なサイトから「子午線の潮風便り」にご来室いただきましてまことに有難うございます。
 ホームページをご覧になられた際、自動的に以下の規則を守られたとされますので、お手数ですがご拝読ください。ここに書かれていることを守られないで意見等をよこされても一切かかわりませんのでご了承願います。
〜利用規則〜
<サイトの目的>
 このホームページは、旅行を中心とした情報提供型サイトをコンセプトとしています。単なる自己紹介型サイトではなく、管理人が実際に旅先で行って、見て、聞いて体験したことをこのホームページで公表し、みなさんにも「ああ行ってみたいな」と思えるようなサイト作りを目指しています。
 旅行とは言えども、個人個人によって、食べ歩きが目的であったり、テーマパークで遊んだりが目的であったりしますが、管理人は基本的に歴史的な名所を巡ることにしています。従いまして、このサイトでの紹介は日本の歴史的名所を中心としています。このサイトをご覧になられて実際に訪問していただければ幸いに思います。

<各コーナーの概要>
1、明石市の観光コーナー
 風光明媚な明石海峡に位置する明石市は、古代から多くの人々を魅了して来ました。明石原人やアカシゾウからはじまり、行基、柿本人麻呂、源氏物語や源平合戦の舞台にもなり、豊臣秀吉や松尾芭蕉など歴史上の有名人も数々と訪れました。そんな明石市の魅力の場所は明石市全域に渡ってありますので、市販の観光ガイドには掲載されていない穴場も含めてすみずみとご案内いたします。

2、頑張れ!!明石港の旅客船
 98年の明石海峡大橋の架橋以来、乗客のほとんどは橋を利用する高速バスに奪われました。当然のことのように、長い間明石市と淡路島を結んでいた3社である「明岩海峡フェリー」が第3セクターの「明石淡路フェリー」へ、「播淡聯絡汽船」と「淡路連絡汽船」は統合して「明淡高速船」へ、「西淡路ライン」は廃止された上で「淡路ジェノバライン」が再興というそれぞれで激しい変動がありました。淡路島生まれで、毎年帰省する僕としては非常に思い入れの深い航路ですので、廃止にならないように応援したいという意味で設けています。

3、旅行コーナー
 始めてから10年を越えるひとり旅の旅行記や旅行に関する基礎知識を紹介いたします。これらのコンテンツや各交通機関のリンク集をフル活用の上、実際に旅行に行く際に役立っていただければ幸いです。また、ご質問もご自由にどうぞ。

4、多目的コーナー
 みなさんと直接コミュニケーションが取れる掲示板を設けています。下記<掲示板について>をご一読の上、ご自由に記入してください。

<掲示板について>
 みなさんとのコミュニケーションの場である掲示板にはご自由に書き込んでください。
 管理人もできる限り返答させていただきますし、旅行の相談については24時間以内の返答を目標としています。
 ただし、管理人の独断で中傷や商用サイトおよび、個人情報を特定するような書き込みは予告なく即抹消させていただきますのでご了承願います。商用サイトの判断基準は、書き込み内容、リンク先、アクセス解析などから判断します。
 諸般の事情により2007年9月13日をもちまして一旦休止させていただきました。

<別館について>
 2003年11月29日現在、別館として『祇園祭写真集』『きまぐれ写真館』の2つを設けています。いずれもこのページであげた利用規則にしたがっていただきます。なお、各写真には著作権がありますので無断転載などはできません

<利用上の注意>
 このサイトではみなさんの参考になれるよう時刻や運賃などを紹介しているページもありますが、日々変動が激しいために常のチェックは、個人で運営している管理人としても負担が重くなりますので、あくまで参考程度として考えてください。もしも実際に利用される方は、事前に各関係機関へ問い合わせてくださいますようお願いします。もしも不利益を被られましても、当方は一切の責任を負いませんのでご了承ください。
 このホームページをご覧になられて、実際に運行会社や観光事業者にお尋ねすることはご遠慮ください。インターネット上の個人ホームページはあくまでも趣味のホームページですから、当該事業者にとってはPRは嬉しくもあったりする反面、ホームページの内容通りに求めるというのは迷惑であったりします。
 また、このホームページでは時々、特定の団体などを伏字を利用せずに実名をあげて批判することがあります。これは管理人としてはサービスが悪ければ営業者としては失格という考え方を持っているためです。例えば旅行の際、せっかく大金を払って利用した旅館が非常にサービスが悪く、気分転換のために旅行に出たのに旅行前よりも気分が悪かったら本心では損害賠償ものです。

<著作権について>
 当ホームページの本文、写真には一応著作権というものはありますので連絡さえしてくれれば引用などは構わないです。ただし、画像の直リンクは連絡の有無にかかわらず一切禁止します。
 相互リンクの方はトップページ以外のリンクを直接貼られるのはご遠慮下さい。
 トップページ以外へ直リンクは禁止するという法律などはないため直リンクが多いのが現状です。しかし、多くの管理人にとってはトップページの作成にもっとも力を入れ、カウンターを上げたいのが本音です。また、サーバーへの負担増がありますので最低限度のネチケットは守っていただくようご協力お願いします。

<サイトの直リンクについて>
  なお、お気に入りの登録の際にはトップページであるhttp//homepage3.nifty.com/travelstarmottakun/に登録してください。
 当ホームページは直リンクは一切許しておりません。現在はどのページでも直リンクしてもトップページ強制移動処理などはしませんが、将来増えた場合は再び処置をする可能性もあります。

<アクセス解析について>
 当ホームページは全てのページでアクセス解析を設けています。
 目的は著作権の保護や来室者の検索ワードなどを知ることによってより良いサイト作りを目指していますのでご協力をお願いします。なお、アクセス解析にて知ることができる情報は、来室日時やIP、ブラウザなどです。個人を特定することはプロバイダでしかわかりません。

<動作環境について>
 ADSL以外の接続環境下では写真の全面表示に時間がかかる場合もありますのでご了承願います。近頃は回線の高速化(ブロードバンド化)が急速に広まっておりますので、このホームページでも低画質化の処理は施さない画像が多くなっています。
 このホームページのサイズは標準サイズに合わせて作成しています。構成の都合上、画面いっぱいに表示することをおすすめします。誰にでも楽しめるように、Internet Explorer4.0以降の動作環境などの制限はしていません。つまり、インターネットができれば恐らく必ず見られると思います。
 また、管理人はIE6.0とホームページビルダー6.5で作成しております。

<管理人の知識について>
 このHPには大きく分けて「明石市の観光案内」「明石港の旅客船」「旅行」の3分野に分けられますが、いくら管理人とは言えども全てを知っているわけではありませんので以下に注意書きをします。

1、「明石市の観光案内」・・・
 明石市内の観光情報はガイドできる自信がありますが、例えば人によって好みが変化する食事系や歴史でも数値データや水族館などすでになくなった観光地などのサポートはできません。

2、「明石港の旅客船」・・・
 このコーナーを設けている大きな目的は、明石海峡大橋架橋以来苦戦を強いられている各社を応援すると言う目的があり、管理人自身も幼い頃から思い入れがある航路ですから、このままでは黙っておけないということで設けています。従いまして、管理人は船好きであることは認めますが、各種データの読み方に関しては素人に近いものです。つまり、各種データは知識のある方々に役立てていただきたいとの思いから作成しております。

3、「旅行」・・・
 趣味が旅行と言うことでもあり、一般旅行業務取扱主任者の資格も取得していますが、サポートできることは一般的なルールや旅行情報のみです。つまり、いわゆるマニアな方々がよく利用する裏技などに関しては少しは知っているものの、それが実際に通用できるかどうかは自信がありません。また、海外旅行に関しては旅行経験がないことから一切できません。

 以上のように、多くのHPがそうであるように管理人とは言えども完璧な知識を持ち合わせている人は非常に少ないと思われます。そして情報系HPの場合は、管理人が実際に見た時と今現在の状況とは大きく変わっている可能性は非常にあるわけです。このHPでは書いていたのに実際は違っていたという抗議をするのではなく、最新情報を提供することで他の方々にも有益なHPになることでしょう。多くの管理人も最新情報の収集に努めていますが、HP作成を生業としているわけではなく、時間的な限界がありますのでみなさんのご協力をお願いいたします。

<その他>
 何かご意見やご質問がありましたら、お気軽にメールなどでお願いいたします。
 この利用規則は2003年11月29日に改正しました。
 (2004年5月6日 <管理人の知識について>を追加しました。)
 (2004年7月1日 <各コーナーの概要>を追加しました。)
      以上

 それではみなさんにとって良き旅になりますよう心からお祈り申し上げます。

 管理人:もったくん


Copyright(C)  mottakun、2002→、HPトップ