×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HPトップ>ひとり旅旅行記>東北旅行2

東北旅行2(2001年8月30日〜9月4日)


 はじめに

 前回の東北旅でカメラが壊れていたため、やり直しの旅として再び東北に出かけました。しかし、前回と同じスケジュールではつまらないので練り直しました。意外とも思えるスケジュールをごらん下さい。
 なお、今回は日本三景の松島を訪れ、厳島、天橋立に続いて日本三景を全て訪れたことになります。
 今回の旅行のテーマは「東北逆ルートリピーターの旅」です。
 

 1日目(30日、木曜)

 大阪(阪急三番街)21:30発の夜行バス「おけさ号」にて新潟駅へ

 2日目(31日、金曜)

 早朝7時前に新潟駅着→同発(8:23)磐越西線・快速あがの2号→会津若松着(10:40)→会津若松城などを観光→会津若松発(13:29)→郡山着(14:44)→同発(14:54)東北本線→福島着(15:40)→同発(15:56)奥羽本線→米沢着(16:43)→同発(18:19)米坂線・快速べにばな3号→新潟着(21:22)→バスにて新潟港へ→新日本海フェリー「ニューしらゆり」にて秋田港へ(23:50)

 3日目(1日、土曜)

 早朝6時に秋田港着→バスにて秋田駅へ→秋田発(7:50)奥羽本線→大館着(9:40)→同発(10:33)寝台特急日本海3号(ヒルネ扱い)→弘前着(11:11)→同発(11:20)快速いわき5号→青森着(11:56)→同発(12:09)東北本線→浅虫温泉着(12:31)→前回と同様に温泉へ→浅虫温泉発(13:20)→青森着(13:45)→前回と同じ食事処「おさない」で昼食、三内丸山遺跡を観光→青森発(17:18)→盛岡着(21:02)→東横イン盛岡駅前店にて泊

 4日目(2日、日曜)

  盛岡発(9:16)→平泉着(10:36)→中尊寺、高館義経堂、「夏草や兵が夢の跡」碑など観光→平泉発(13:30)→一ノ関着(13:39)→同発(13:44)→小牛田着(14:33)→同発(14:36)石巻線→石巻着(15:12)→同発(15:18)仙石線→松島海岸着(16:08)→日本三景松島を観光→松島海岸発(18:38)快速うみかぜ20号→仙台着(19:01)→夕食は前回と同じく「伊達の牛たん本舗」へ→東横イン仙台東口U号館にて泊

 5日目(3日、月曜)

 仙台駅前発(10:40)→バスにて仙台港へ→仙台港フェリーターミナル着(11:18)→太平洋フェリー「いしかり」にて名古屋港へ(12:20)

 6日目(4日、火曜)

 名古屋港着(9:20)・・・あとは適当に明石へ

 気になる運賃は?

正規の料金では・・・
1日目・・・おけさ号9450円
2日目・・・JR線472、6km=7350円、ニューしらゆり(2等利用)2270円
3日目・・・JR線424、1km=6830円、日本海立席特急券630円
4日目・・・JR線220、7km=3890円
5日目・・・いしかり(B寝台利用)6300円
合計は36720円です

障害者割引ではおけさ号は4730円、、ニューしらゆりが1140円、いしかりが3150円であり、青春18きっぷが利用できない特急区間は乗車券740円、立席特急券630円が別途負担で、合計は17290円でした。

 今回のポイント

 1、新潟〜秋田への移動をフェリー利用
 2日目に夜行バスで新潟に着いたあと、新潟〜会津若松〜郡山〜福島〜米沢〜新潟ルートになり、夜の移動にフェリーを利用しました。米沢周辺で宿泊という方法もありましたが、翌朝は早起きして秋田〜青森〜盛岡へと向かわねばならないハードなスケジュールになっています。特に地方では1本の乗り遅れが全体のスケジュールが壊れる危険性があります。考えた結果、新潟に戻り、宿泊費も非常に安く、寝ている間に移動できるフェリーを利用する方法をとりました。障害者割引を利用しなくとも2270円でJRの4620円に比べると格安であることがわかります。

 2、寝台特急日本海のヒルネ利用
 前回の東北旅でスケジュールを立てる際に最初の壁となったのは盛岡〜青森〜秋田を時計周りか、反時計周りかです。特に青森〜秋田は本数が非常に少なくなっています。その結果、時計回りは秋田→青森へは早朝の1回のみで、反時計周りはスケジュール青森→秋田へは夕方以降で2本、秋田に向かえる事がわかり、反時計周りを採用しました。しかし、今回は時計回りスケジュールでした。大館に9:40に着いた後、後続の普通列車は13:51まで出ません。しかも大館〜青森を結ぶバス等はありません。考えた結果、青春18きっぷは利用できなくて別途になりますが、寝台特急の立ち席利用、つまりヒルネです。寝台はセットされていますので、開いていたらつかの間の睡眠を取ることができますので利用しました。いくら貧乏旅と言っても、少しの負担を覚悟してでも自分がしたいようにスケジュールを立ててください。








Copyright(C) mottakun、2002→、HPトップ