×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HPトップ明淡高速船淡路ジェノバライン>まりーんふらわあ2

まりーんふらわあ2




主要目
進水年月日 1992年3月
造船所 瀬戸内クラフト
長さ 31.40m
6.50m
深さ 2.60m
満載喫水 0.97m
総トン数 104トン
船質 軽合金
燃料 軽油
旅客定員 235人
機関メーカー ヤンマー
主機 2200馬力
最高速力 27.5ノット


明石港に入港するまりーんふらわあ2 まりーんふらわあ2の航跡
2階屋外席 前部客室 後部客室 岩屋港に着岸準備


 播淡聯絡汽船時代から続いている高速船です。「まりーんぶりっじ」と「シーワープ」が引退した今となっては唯一の大型船となってしまいました。大型船のメリットは小型船と比べると揺れが少ないことですので、船酔いしやすい人はこの船を指名乗船することもあるでしょう。しかし、平日の昼間は就航されません。室内は広々としておりますので窮屈感がなく、2階には屋外席もあります。共同運航時代の生き残りとして末永く続いて欲しいと思います。

 平成19年1月1日よりこの航路が明淡高速船から淡路ジェノバラインに引き継がれた際、まりーんふらわあ2も引き継がれました。





当サイトは樺W路ジェノバラインとは無関係の私設応援サイトです。
詳しくは明淡高速船に直接問い合わせるようお願いいたします。


Copyright(C) mottakun、2002→、HPトップ