×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HPトップ明淡高速船>レットスター1

レットスター1




主要目
就航年月日 2004年3月18日
引退年月日 2004年6月30日
総トン数 19トン
船体 神原海洋開発
エンジン ヤンマーKX−GT
定員 73名(旅客70名)
船籍港 香川県池田町
所有者 小豆島国際フェリー

岩屋港のレットスター1 岩屋港にてまりーんふらわあ2と
客室 屋内用座席 屋外用座席 明石港へ出航


 小豆島国際フェリーから借りていたため、就航からわずか3ヵ月後に引退しました。「レットスター2」と同じ日に就航しましたが、運転されるのは主に「レットスター2」と「まりーんふらわあ2」であるため、「レットスター1」は「レットスター2」と「まりーんふらわあ2」のどちらかが故障した時のためのピンチヒッターみたいな役割だったのでしょう。このような運転数の少なさから定期運航時代でも乗船チャンスは非常に難しい高速船で、管理人自身でも乗船することができませんでした。
 引退してもう2度と乗る機会がないだろうとあきらめていましたが、05年6月18日〜6月28日まで「まりーんふらわあ2」がドック入りのために代替船として再び明淡高速船にやってきました。しかし、就航ダイヤは以前と同じように厳しく、平日ダイヤの岩屋港発が7:10発、7:50発、明石港発が7:30発の「レットスター2」との増発便に充てられるわずか3便のみでした。
 「レットスター2」と総トン数が同じながら、客室は広く感じましたし、座席も快適でしたので、管理人としては「レットスター1」の方がいいなと思いました。

※ また乗船できなかった頃に明淡高速船の元乗組員様から座席配列(左舷3×2)の情報をいただきました。




当サイトは竃セ淡高速船とは無関係の私設応援サイトです。
詳しくは明淡高速船に直接問い合わせるようお願いいたします。


Copyright(C) mottakun、2002-2006、HPトップ