×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HPトップ明淡高速船>しわく1

しわく1




主要目
就航年月日 2004年7月1日
総トン数 70トン
旅客定員 161名
(椅子席:140名)
(立席:21名)
造船所 瀬戸内クラフト
建造年 昭和62年12月
航海区域 平水区域
船籍港 香川県高松市
所有者 小豆島急行フェリー

明石港に入港するしわく1 岩屋港に着岸したしわく1
客室 室内用座席 最前列のソファー席 屋外用座席


 所有者が小豆島急行フェリーということからわかるように「しわく1」はチャーターされているのでしょう。ですから、いつかまた明石港からいなくなるかもしれません。
 さて「しわく1」は昭和62年建造ということでかなり年季のある船でした。当然ながら室内は清掃はされているものの、空調がおかしく、また座席もややボロボロでした。客室の座席は4×4となっており、最前列にはソファー席が設けられています。照明もシャンデリアで豪華さはありますが、やや曇りガラスとなっているので海の景色を楽しみたいならば2階の屋外席(遊歩甲板)に出ないといけません。バリアフリーはもちろんよくありませんが、トイレや2階に行くことを除けば特に不自由はしないと思います。屋外席では操舵室の後ろとなり、操作している様子が丸わかりなのが面白かったです。

 明淡高速船が廃止になったあと「しわく1」は高松に帰ったそうです。





当サイトは竃セ淡高速船とは無関係の私設応援サイトです。
詳しくは明淡高速船に直接問い合わせるようお願いいたします。


Copyright(C) mottakun、2002→、HPトップ